ナカムラポートリー株式会社
ホーム 商品紹介 料理方法 イベント情報 お問い合わせ 会社案内
食材を生かした 美味しいお召し上がり方(料理レシピ)を紹介いたしております。

※鳥肉を生食で食べる際のリスク(ご注意)について

<材料>
若どりモモ(ムネ)肉、塩
<下ごしらえ> 
鳥肉に塩をふっておく
<作り方>
皮の部分からパリッときつね色に焼き、身の部分は 焼きすぎないようにあぶる程度で仕上げます。
若様の塩焼き


若様のお刺身
<材料>
ムネ肉、ササミ、レバー、砂ズリ
<作り方>
ムネ肉は皮をとって、中心線の薄い筋を切り取って適当な大きさに切る。 ササミ、レバーも同様に。
砂ズリは表面の白いところと裏面の皮を包丁で薄く切り取って2つに割る。


<材料>
ムネ肉、ササミ、水菜、豆腐、キノコ、ポン酢、胡麻だれ
<作り方>
鳥肉は薄切りに。 鍋に湯が沸いたら、好みで豆腐、野菜を入れる。
鳥肉は、お刺身でも食べれるので、ほんのさっと湯どうしして、好みのタレにつけて食べる。
しゃぶしゃぶ


からあげ
<材料>
若どりムネ肉800g、片栗粉、酒、しょう油
<下ごしらえ> 
鳥肉を一口大に切り、しょう油とお酒を混ぜたタレの中に30分程ひたしておく。
<作り方>
タレにひたした鳥肉を片栗粉でまぶして揚げます。
*揚げ方のポイントはとり肉本来の持ち味をそこなわないように、揚げすぎに注意することです。


<材料>
若どりモモ肉2枚(800g前後)、玉ネギ大2コ、酒、塩、ポン酢
<下ごしらえ> 
・とり肉に、うすく塩をふりかけてから、お酒に30分程ひたしておきます。
・玉ネギは薄くスライスして水にさらしておきます。
<作り方>
お酒にひたしておいたとり肉をすだれかアルミホイルで巻き、蒸し器で10分前後蒸し上げます。 さらしておいた玉ネギの上に蒸したとり肉を2mm程に輪切りして盛りつけます。
*ポン酢でお召し上がりください。
モモ肉の酒蒸し


とりグラタン
<材料>
とりモモ肉2枚(800g前後)、玉ネギ中1コ、しめじ3パック、チーズ(ホワイトソース)バター125g、小麦粉125g、牛乳500cc、白ワイン50cc、塩、白胡椒、とりスープ、固形スープ
<下ごしらえ> 
・とりモモ肉を適当な大きさに切っておく。
・玉ネギは薄くスライスし、しめじは食べやすい大きさにしておきます。
<作り方>
まず、ホワイトソースを作ります。 熱した鍋の中にバターを入れてから小麦粉を入れ、牛乳、白ワイン、とりスープ、固形スープ、で溶かして適当なかたさになるまでうすめます。 それに塩、白胡椒で味付けします。
次にグラタン皿にバターをぬり、玉ネギ、しめじをおいた上にモモ肉を並べてホワイトソースをかけ、さらにチーズを振りかけてオーブンで焼くとでき上がりです。


<材料>
間鴨肉、間鴨ミンチ、白菜、にんじん、大根、椎茸、えのき、ねぎ、豆腐、こんにゃく、春菊、その他季節野菜、かつお、だし昆布、醤油、食塩、ポン酢、薬味
<下ごしらえ> 
・かつお、だし昆布でだし汁を取って食塩、醤油でお好みの味つけをしてください。
・間鴨肉は、そぎ切りにし、野菜類はすき焼きに使う程度の大きさ、大根はたんざく切り、ねぎは斜め切り、椎茸は笠に切り込みを入れ飾り切りにしておきます。
<お召し上がり方>  
土鍋にだし汁を注ぎ、煮立ったところで大根のように煮上がりの遅い野菜から入れ、豆腐、間鴨肉を入れます。間鴨肉は、肉の色がさっと変わった位で引き上げてお召し上がりください。
ポン酢や刻みねぎ、七味唐辛子などの薬味を加えた大根おろしや溶き卵をつけて食べていただいても結構です。
*煮込みすぎにご注意!
鴨鍋


きじ鍋
<材料>
きじ肉(1人前200g)、白菜、にんじん、大根、椎茸、えのき、ねぎ、豆腐、こんにゃく、その他季節野菜、かつお、だし昆布、干椎茸、醤油
<下ごしらえ> 
・きじ肉は薄く、又は細長く切り、野菜はすき焼きに使う程度の大きさ、大根はたんざく切りにしておきます。
・かつお、だし昆布、干椎茸で少し濃いめのだし汁を取ってから食塩と醤油でお好みの味付けをしてください。
<お召し上がり方>
土鍋にだし汁を注ぎ、まず、きじガラを入れて煮立ったところで大根のように煮上がりの遅い野菜から入れ、きじ肉を入れて、スープも一緒にお召し上がりください。また、薄味にした場合はポン酢・もみじおろしが合います。最後にきじ雑炊もすばらしい味に仕上がります。又、田舎そばを入れても結構です。



▲上に戻る
Copyright 2004 www.nakapo.co.jp All rights reserved.